MENU

初めてのお仕事カラオケで何歌う?思いつかないときのおすすめ10曲【男性編】

最初は歓迎会から、打ち上げや、忘年会、新年会などなど、お酒の機会はたくさんあります。

つきものなのがカラオケです。

友人同士とは違うお仕事カラオケですが、一体何を歌ったら?

そんな男性に便利な歌いやすい10曲をお教えします。

目次

今回の注目は音程!

「よく知らない人もいるのに、失敗したら恥ずかしい」

その失敗って音程が合わなかったり、大事なところでズレたりすることでは?

でも毎回練習してからいくわけにも行かないですよね。

カラオケで音程をはずす原因の一つは、歌いたい歌と歌えるキーがあっていないことです。

男性なら高音が出せずに裏返ってしまうことが多いのではないしょうか。

高すぎずに大抵の男性が出せる音は「mid2G」、ピアノで弾いたときの高いソの音だそう。

有名な曲や流行の歌を歌いたいけれど、キーを上下して雰囲気が変わるのは避けたい。

どこに合わせていいかイマイチわからないし、調整を間違えたらカッコ悪い。

そんな人のための、キー操作しなくても歌いやすい曲はコチラ。

今回は曲中の最高音と再低音を添えてみました。

3月9日/レミオロメン

最高音はmid2G、最低音はmid1Cです。

「粉雪」のサビは音が高くて歌えない人が多いようですが、こちらは低めなのでオススメ。

バラードなどのゆったりした雰囲気のときにいいですね。

あなたに/MONGOL800

最高音はmid2G、最低音はmid1Cです。

CM曲としてテレビで聞いた人が多いかもしれません。

「小さな恋のうた」はこの曲よりも最高音が半音だけ高くなっています。

リンダリンダ/THE BLUE HEARTS

最高音はmid2G、最低音はmid1Bです。

盛り上がる曲としては定番中の定番ですね。

ボーカルの甲本ヒロトは声が低いので、THE BLUE HEARTSのほかの曲も音域は低めです。

WE GOTTA POWER/影山ヒロノブ

最高音はmid2G、最低音はmid1Bです。

アニソンならドラゴンボールを選べば、知っている人が多いので安心。

ただ、最高音が一度だけではなく何度も出てくることだけに注意です。

想い出がいっぱい/H2O

最高音はmid2G、最低音はmid1Eです。

アニメ曲としてのみならず、学校で習ったり、最近ではCMでも耳にしますね。

幅広い世代が知っているので、お仕事カラオケにはまさにピッタリ。

メロディや歌詞はしんみりする部分がありつつも、さわやかな余韻の曲です。

浪漫飛行/米米CLUB

最高音はmid2G、最低音はlowG#です。

新社会人世代でも、今でも歌番組で聞く機会もあるのでなんとなく知っている人は多いのでは?

早すぎないテンポと明るい雰囲気で場が和む良曲です。

最低音が他より低いですが、ほとんどの人には気にならずに歌えるかと思います。

少年時代/井上陽水

最高音はmid2F、最低音はmid1Eです。

誰が聞いても懐かしさを感じる名曲です。

年齢が離れた上司がいるときで共通して分かる曲が見当たらない、なんていう場面では適しているかも。

SPARK/THE YELLOW MONKEY

最高音はmid2F#、最低音はmid1Eです。

高く聞こえますが、実は低くて歌いやすいのが吉井和哉の歌です。

この曲は短めですが、ほかにも「楽園」などが覚えやすくておすすめです。

桜坂/福山雅治

最高音はmid2F#、最低音はmid1Dです。

曲自体はゆったり目ですが、前の人がどんな選曲でも、比較的雰囲気を壊さずに引き継ぐことができます。

この曲に限らず、ほとんどの曲の音程が低めなのが福山雅治。

いろいろな雰囲気の曲があるので、何曲か覚えておいても損はないかも。

風になりたい/THE BOOM

最高音はmid2F#、最低音はlowGです。

ドラマやCMで度々流れているので、耳にしたことがあるのでは?

陽気で覚えやすい歌です。

明るく悩みも吹き飛ばすように歌いましょう。

まとめ

大勢が知っていることが大切ですが、自分の順番で妙な注目を集めることなくさらっと歌いきれるかもポイントです。

歌が苦手じゃなくても、お仕事の付き合いとなると妙に緊張するもの。

これから社会人になる人のみならず、初めての顔ぶれの前ではいつも選曲に迷う、という人にもオススメです。

なお、音域についての詳しい解説はコチラにあります。

音域.com
http://www.music-key.com/
様々な楽曲の音域を掲載しています。
カラオケでムリなく歌える歌を増やすならチェックしてみてもいいですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次